2008年09月15日

9.14楽屋終了!

ありがとうございましたっ!


いやぁ、楽しかったですw

楽屋への出演は2回目ですが、

何と言っても毎回対バンがすごくイイexclamationです。


今回は、行川さをりさん(Vo)と織原良次君(Ba)のデュオ!

ボーカルとベースのデュオという、とてつもなくミニマムな

セットの中でも、あれだけ世界感を作れるんだなぁ、と脱帽!!

ミュージシャンであり、アーティスト。

アーティストであり、ミュージシャン。

080914_2108~01.JPG
写真は行川さん&織原君!手ぶれゴメン!w


「ブラジル音楽ってこうだ!」とか、

「ジャズってこうだ!」って、表面的に形を追うことは、

すごく安心できることだったりするんだけどさ、

アーティスティックじゃないし、クリエイティブじゃない。

・・・ミュージシャンではあるかも知れんが。

もっと本質的な何かがその言葉の奥にあるじゃんか。

形式はサンバでもボサノヴァでもジャズでもいいんだ。

ミュージックライクに、アートして、クリエイトしていれば!


割とこんなことを思いながら音楽やってるんですが、

まさにどんぴしゃ!(笑)

幾度となく彼らの世界に引き込まれました。


そんなこんなで毎回新しい発見があったり、

何と言ってもむちゃくちゃ楽しいのが楽屋ライブ。

ダマされたと思って一回見に来て下さい!w

よろしくお願いしますっ!!


posted by VIVA a COMIDA at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。